Centrality(cennz)セントラリティの取引所や今後について

こんにちは。

ゆいです。

本日は、私も良い思いができたICOのセントラリティについてまとめてみます。

現在は保有していませんが、本当にホワイトペーパーで約束されたことが履行されるのであれば安くなったら買いたいトークンです。

ちなみに私は投資をして100万円が1000万円くらいになりました。

ただそのときは正直、あまり内容とか理解せずに話題性のみで投資をしていたので本当に偶然の利益です、、、、

Centrality(セントラリティ)CENNZとは!?

Centrality(セントラリティ)は、2018年に発売されたトークンのことです。

このトークンは6分間で100億円以上販売することに成功しました。

このこときっかけにCentralityは世界中のニュースサイトなどで一躍話題になりました。

Centralityはアプリケーション作成のための次世代プラットフォームとしての役割と仮想通貨としての役割の二つの顔があります。

このように資産形成のための資産としての役割と次世代プラットフォームというどちらも大きな役割を果たしていることから非常に有名になったのだと思われます。

そして、今回はこの世界中で有名になったCentralityについて徹底的に解説していきたいと思います。

Centralityの特徴・仕組み

Centralityはアプリケーションを作成するためのプラットフォームです。

従来のアプリケーションのプラットフォームはもともとプラットフォームを作成した会社があり、そこが管理すると言うかたちでした。

簡単に説明するとアップルのようなものです。

IOSのアプリケーションを作成し発表するにはアップルのプラットフォームを利用する必要がありました。

なので、アップル社が不適切とみなしたものは販売停止にすることができました。

しかし、今回発表されたCentralityは中心にいて管理する会社がありません。Centralityを利用する人同士で分散して管理を行っています。

これは、最近流行しているブロックチェーンと言われる技術です。

Centralityを使用しているアプリケーション

サイロ

サイロはCentralityの分散型プラットフォームを使ったSNSのようなものです。

ラインのように管理しているところがないのでセキュリティも非常に固く、安全性が期待されています。

しかし、まだ実際に利用される段階にはなっていないので今後に期待です。

ユーシェア

ユーシェアは道路状況に関するアプリケーションです。

このアプリケーションを使うことで渋滞しているところや事故が起こったところがわかります。

この技術を使うことでCentralityの分散型の仕組みを利用して様々なアプリと連携して利用されることが期待されます。

例えば自転車レンタルアプリと連携したり、タクシー管理アプリを連携することが期待されてます。

Centralityを利用したアプリケーションはまだまだ開発段階のものが多いです。

しかし、開発されたら確実に社会が豊かになるであろうものが多いです。

これはCentralityの分散型のプラットフォームを利用してアプリケーション間の隔たりを小さくすることができた結果です。

Centralityのメリット

Centralityの最大のメリットはアプリケーションごとの隔たりが小さくなると言うことです。

従来はアプリケーションでの連携は比較的大きな壁がありました。

例えば、あるアプリを使用している時に同時に他のアプリに接続すると言うことができませんでした。

また、できたとしてもアプリを事前にダウンロードしておく必要がありました。

しかし、Centralityを利用するとアプリ間の連携がスムーズになる他に、インストールしていないアプリケーションとも連携することができるようになります。

このようにアプリケーション間での隔たりを小さくすると言うのがメリットです。

Centralityのデメリット

Centralityはブロックチェーンの技術を使っています。

なので、仮想通貨のように値段の上下を使った取引などを行うことも可能です。

しかし、この際にCentralityの最大のデメリットがあります。

それは、Centralityの不安定性です。

Centralityは比較的最近生み出されたものなので値段が安定していません。

また、最初に期待されていただけに値段も高いことが多いです。

しかし、現在は下火傾向に値段が安定していません。

なので、資産としてCentralityを保有する際には資産価値が変動しやすいというデメリットがあります。

Centralityの上場先

・SingularX(シンギュラーエックス)

・HitBTC(ヒットビーティーシー)

・Easy Crypto(イージークリプト)

この三つが主要なCentralityの上場先として知られています。

特にシンギュラーエックスはCentralityと同様に中央管理者のいない取引場です。

いわゆるDEX(分散型取引所)になりますので、仮想通貨取引所の天敵であるハッキング対策にもなり安全性が抜群です。

なので、Centralityを取引する人には非常に人気の高い取引場になっています。

Centralityの将来性

Centralityは将来性が非常に高く、期待されています。

実際にCentralityにはニュージーランド政府から資金援助がなされています。

その額は3年間で1500万ドルです。

これは、ニュージランド政府が公式にCentralityの価値や将来性を認めたと言っても過言ではありません。

また、ニュージランド政府の他にも世界最大手のネット通販サイトを運営しているアマゾンとも連携することを発表しています。

アマゾンが開発したAWSとの連携を発表しCentralityの技術を活用した新サービスの開発を発表しました。

この他にも先ほど述べたようにCentralityは中央管理者がいないプラットフォームです。

これからの時代、ブロックチェーンを利用したCentralityを利用したアプリケーションが中心になっていくことは簡単に予想することができます。

このようにCentralityは将来的にも安定したサービスを提供する可能性が高く、期待することのできるサービスになっています。

また、Centralityを利用したアプリケーションの多くは社会的に必要とされているものが多いです。

そして、開発されたら確実に社会生活を豊かにすることが予想されています。

このようにCentralityにはアプリケーション作成のための次世代プラットフォームとしての期待も大きくされています。

Centralityのステーキング

ステーキングという行為はブロックチェーンを利用している仮想通貨ならではのサービスになっています。

ステーキングとは分散型のプラットフォームのセキュリテュー保護を担う代わりに多少の仮想通貨を得る仕組みです。

この仕組みを使うことで利用者は自分の持っている仮想通貨の金額に応じてある程度のパーセンテージで還元を受けることが可能になります。

仮想通貨は本来利子のような仕組みはありません。

しかし、このステーキングを使うことで銀行に預けた時と同様に利子を受け取ることができます。

そして、今回のCentralityのステーキングについて説明していきます。Centralityにはステーキングの仕組みが備わっておりませんでした。

しかし、最近になりCentralityにもステーキングの仕組みがつくことが発表されました。

これを利用することで先ほど述べたように預け入れをしているだけで利子を得ることができるようになります。

まとめ

Centralityは6分間で100億円以上が販売されるくらい期待度の高いものです。

なので、今後も安定して開発がされることが予想されます。

また、今後は政府の援助や各企業との連携を積極的にしていくことが予想されます。

このように連携や開発が進んでいくことでより便利に使うことのできるアプリケーションが開発されます。

また、その他にもアプリケーションの啓発に伴ってCentralityの知名度や期待度が上がり価値も上がることが予想されます。

Centralityは金融資産として保持しているだけでも価値のあるものです。

また、Centralityにも用いられているブロックチェーンという技術自体も今後さらに技術の向上が見込まれます。

このようにCentralityには将来性を担保するものが多く、将来への期待度も非常に高くなっています。

実はこの記事は、ランサーズのライターさんに書いていただきましたがいかがでしたでしょうか?

それでは、、、

最後にプレゼントがあります!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です