マレーシアへ移住する準備を始めます。

こんにちは。

ゆいです。

実は2019年の11月末にマレーシアへ移住することを決意しました。

ちなみにまだマレーシアで住む物件も決めていませんが、視察に行って契約をしてこようと考えています。

ということで「なぜ移住しようと考えたのか」移住するにあたって準備することをまとめてみたいと思います。

なぜ移住しようと考えたのか

周りの友人に話をするとだいたいこの話になります。

それは年中、気温が温かい国に住んでみたかった。

理由は私の普段の私服を見ていただければ分かると思いますが、冬でもこの格好で歩いていることがあります。

2つ目の理由はやはり税金になります。

やはり日本の日本人に対する税金は、世界のどの国よりも高いです。

毎年支払っている住民税と保険を合わせると年収の約20%にあたります。

私の払っているこの住民税と保険は、それなりに良い車や時計を買えると思います。

ただし、日本にいる限りは支払い続けないとどんなに良い家に住んでいても差し押さえをされてしまいます。

かといって代表を務める法人からの役員報酬を0円にすることもできますが、個人にお金を残すことが困難になります。

日本で生きていくためには仕事をしなければお金が減る一方になってしまいます。

もちろん100億円くらい稼いで人生上がっている人は別ですが、1億円、2億円程度だと働いていると思います。

また税金が高すぎてやりにくい状況にあることは経営者であれば理解できるはずです。

ただよく考えたところマレーシアであればこの住民税と保険のお金だけで住んでいけることに気が付きました。

どの程度の物件に住めるのかというと、、、、

これです

しかもプール付きです。

高級タワーマンションの1LDKで約15万円程度になります。

え?都内でこのクラスの物件に住もうとしたら50万円以上すると思います。

もちろん日本の物件にはなかなかプールなんてついていません。

しかも移住すると住民税と保険がかからなくなります。

(希望すれば年金も支払う必要がなくなります。)

ということはそのお金で住むことができますし、その分を貯金することも可能になるということです。

私の大好きなインターネットを使ったビジネスはインターネットさえあればどこでもすることが可能です。

トレードも同じことがいえます。

実際に保険に関しては、年に3回ほど歯医者に行くくらいで支払う意味をずっと考えていました。

悩みも解決して仕事にも支障がなく、貯金もできるようになり新しいビジネスも始めやすくなるのであれば海外移住するしかないという選択になりました。

ビザも必要ない?

そのうち長期ビザも取得する予定ですが、3ヶ月間は日本パスポートを持っていれば国にいることが可能です。

90日間であればビザなしでいることが可能です。

最初はこれで1ヶ月ごとで日本と行き来してそのうちビザを取得します。

日本のネット起業家や投資家に非常にオススメな国だと思います。

年収が高いほうが不利な国

元々、相続などでお金を持っていれば良いですが、成り上がりで1億円稼いでも5000万円以上を国に取られてしまうのは非常にお金を稼ぎにくい国であることは明らかです。

日本は、食べ物やお酒が安いので年収300万円くらいの人間が住みやすい国であるといえます。

決して偏見ではなく私自身も年収300万円くらいのころは「日本最強じゃね?」とか思っていましたが、実際にある程度のお金を稼げるようになって気が付きました。

お金を稼いでも消費してもお金を奪われています。

若い新富裕層は続々と海外移住するはず

今の若い人はある程度、英語が話せる人が多いので続々と海外へ行ってしまうと思います。

これは事実として私の周りのお金を持っている若い人たちの7割が海外移住してしまいました。

住民税と保険代が浮くのでその分で新しいビジネスができると喜んでいる人ばかりでした。

また海外の保険サービスを見ていると日本の強制保険と同じ金額を支払うともっと良い医療を受けることができるものが多いことに気が付きます。

若い日本人は恐れずに世界へ旅立つべきです。

ということで私も海外へ旅立ちます。

それでは、、、、

この記事を書いている人について


名前:ゆい
年齢:26歳
性別:男

無料の意見交換コミュニティを運営しています。
もしよろしければご参加ください。
 
↓ ↓ ↓

無料コミュニティへの参加はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です