XVG(バージ)がpornhub(世界一のエロ動画サイト)で使われるらしい

こんにちは。
ゆいです。

本日は、プライバシーコイン(匿名性の高い仮想通貨)XVG(バージ)の今後についてまとめてみようと思います。

まずは先に、今後の価格上昇に大いに期待できるニュースが報道されたのでこちらも合わせて解説させていただきます。

Pornhubで仮想通貨XVGが使用されます

世界最大手のアダルトサイトPornhubが、仮想通貨の匿名性通貨、XVG(バージ)と提携するというニュースが報道されました。

仮想通貨と言えば、送金手段の利便性から主に決済などに用いられる事が多くありましたが、今回はアダルト向けに使用されるという事で驚いた人も多いでしょう。

そんなXVGとPornhubの関連についてフォーカスしていきます。

Verge(XVG)の概要

名称・Verge(XVG)

時価総額・約84億円

総発行量・165億XVG

Pornhubとは

運営国・カナダ

ユーザー・デイリー1億人

価格・基本無料(有料あり)

言語・主要11ヶ国語(日本語含む)

Ponhubの提携先がなぜVerge(XVG)なのか?

XVGには匿名性が高いという特徴があります。

本来の仮想通貨には、取引情報を改ざんされない為に誰と誰が取引したのかをブロックチェーン上に刻んでいくシステムなのですが、その反面、プライバシー情報が守られないという問題点もありました。

しかし、XVGなどの匿名性通貨には、これらの仮想通貨独自の問題点を解決する事ができます。

送金元や送金先の情報を完全に秘匿化することにより、取引のプライバシーを完全に守る事ができるのです。

つまり、XVGは非常にアダルトコンテンツと相性が良いのです。

個人の情報が第三者に渡る事のない状態の決済システムを実現できたわけですから、誰もがもっと手軽にアダルトコンテンツを楽しめるようになったのです。

これらの理由から、匿名性通貨の中でも認知度が高いXVGが選ばれたのでしょう。

Verge(XVG)がPornhubの影響で高騰!?

先日、世界最大手アダルトサイトのPornhubが、アメリカの決済会社PayPal(ペイパル)からの決済サービスの中止を受けました。

この中止により、Pornhubの専属モデルへの支払いを仮想通貨(XVG)を利用して行う事を検討している事がCoinDeskの取材で明らかになったそうです。

どの通貨をモデルへの支払いに用いるのかはまだ明らかにされていませんが、昨年有料コンテンツの決済方法としてXVGが選ばれているので、おそらく今回もXVGを用いる可能性が高いと思っています。

さらに、今回のこのニュースによりXVGは24時間前の安値に対して約28%の価格上昇を起こしました。

今後の動向にはさらに注目すべき通貨であると思いますので、皆さんもぜひチェックしてみてください。

仮想通貨Verge(バージ)XVGとは!?

XVGとは、数多くある仮想通貨の中でも匿名性が高くもっとも将来性が期待されたコインの一つです。

XVGは非常に匿名性に優れており、IPアドレス・送受信者情報・送金内容を全て匿名にする事を可能とした仮想通貨です。

さらに、匿名性のある取引と、匿名性の機能が備わっていない通貨との取引を一つのブロックチェーン上で切り替える機能を備えています。

この機能は他の匿名性通貨にはないスペックなので、XVGの大きな特徴として注目されています。

また、ビットコインのブロック認証速度が10分に対して、XVGはわずか30秒という認証速度です。

なので送金が他の通貨に比べて圧倒的に早く、実用性が高い通貨としても話題になっています。

仮想通貨Verge(XVG)の評価や知名度について

XVGは、まだまだ知名度が低く実用性のわりに認知度が低いと言えます。

同じ部類のMonero、Zcashなどのコインの方が圧倒的に知名度も高く、時価総額もXVGの比ではありません。

実用性は間違いなくXVGの方が高いと思っているので、今後の認知度を底上げ取り組みに期待したいところです。

最も、価格上昇を期待できる要因の一つとして、スマートコントラクトの実装が注目されています。

仮に本当に実装されれば間違いなく実用性、利便性共に大きく加わることになるので価格上昇に大いに期待できるでしょう。

また、匿名性通貨の性質上として犯罪に流用されるリスクがあります。

マネーロンダリングなどの悪用が増加すると、規制が入ってしまうので日本からの取引や、日本の取引所への上場などがかなり難しくなってくる恐れがあります。

さらに、規制された場合は、価格が暴落するリスクもあるため、投資は慎重に行うことがベストだと言えます。

仮想通貨Verge(XVG)の今後は!?

先ほども記述した通り、今後スマートコントラクトの実装が予定されています、

実装されればDapps(分散型アプリケーション)やIoTに用いれられ、利用幅の増大と価格上昇に期待できます。

Vergeの価格について

また、2019年11月16日現在では、1XVG=約0.5円となっております。

上場後しばらくは1円以下でしたが、仮想通貨バブル時には30円まで高騰しています。

その後は市場とともに下落していきましたが、現在も取引量が168%増加するなどの勢いがまだまだあるので、今後の価格上昇に大いに期待していきたいと思います。

【おまけ】Verge(XVG)公認キャラ「バージリスク」

言葉をしゃべる爬虫類という設定。

語尾は「〜バジ」。口癖は「プライバシー」だそうです。

お仕事は忍者(アルバイト)で趣味は酒、競馬、パチンコなどおっさんが好みそうな趣味をしているそう(笑

推し通貨はもちろんXVGでいつも持ち歩いてるのだとか。

Twitterでバージリスク君に話かけると返事や占いをしてくれるそうなので、XVGが好きで興味のある方はぜひTwitterで探してみてください。

最後に

もっと簡単にわかりやすく説明する為に、今回のニュースとXVGについて動画で解説しています。

もしよかったらご覧ください。

最後にプレゼントがあります!!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です