仮想通貨 リップル(XRP)の可能性について

こんにちは。

当ブログ管理人のゆいです。

本日はいろいろ噂をされている仮想通貨のリップル(XRP)の可能性について記事にしてみます。

良い噂や悪い噂がネット上に溢れかえっており、著名人も投資していることから日本でも人気のある暗号通貨ですが、実際のところ投資対象としてどうなのかを検証してみます。

XRP(リップル)について

まずは、XRP(リップル)の暗号通貨としても機能についてどのような暗号通貨なのか把握しましょう。

リップル社が作った仮想通貨

XRPはリップル社が開発した仮想通貨です。

日本では、XRPのことを「リップル」と呼んでいますが、海外だと「エックスアールピー」と呼ぶことが多いようです。

日本のSBIホールディングスの会長を務めている北尾吉孝氏が、リップル社の取締役に就任したことなどでよりメジャーで信用でき国際的に認められる仮想通貨になる可能性があると話題になりました。

XRPはブロックチェーンではない

まず、リップル(XRP)はブロックチェーンを使っていない仮想通貨になります。

仮想通貨の王様であるビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる分散型公開台帳を利用することで不正を防いでいます。

一方でXRPは、ブロックチェーンではなくXRP Ledgerと呼ばれるリップル社が保有する技術である公開台帳により中央集権的に管理をされています。

そもそもブロックチェーンを使用していないことから暗号通貨なのか疑問点が残りますが、多くの著名投資家や芸能人もXRPに投資していることから人気があります。

非常に銀行的でありかつ国的な仮想通貨であると考えています。

送金速度が早い

次に他の仮想通貨に比べて段違いに送金スピードが早いです。

これはブロックチェーンを使用していないため、マイナーによるマイニングが行わずにリップル社が送金に関する台帳を管理することでスケーラビリティーの問題を解決しています。

人気で時価総額も高いBTCやETHはスケーラビリティーの問題を抱えています。

スケーラビリティーとは、瞬間的な取引量が増えることで送金の遅れや手数料の増加、処理速度の低下などのマイナス現象が引き起こることです。

パソコンを使っていてたくさんソフトやサイトを開いているとパソコンが固まったり、処理速度が遅くなると思いますが、それに近いことを指しています。

2017年12月ごろの仮想通貨バブル期にこのスケーラビリティーの問題が、仮想通貨使用者が増えることで明らかになり体感するほどまでになりました。

実際に私も仮想通貨(BTC、ETH)をやりとりをする中で送金速度が遅いことに悩んだことがあります。

国際送金のブリッジ通貨になる可能性

現在、国を跨いでお金を送金しようとするといろいろな問題が発生したり着金遅延が問題視されています。

日本人の場合は、個人ではなかなか国際送金する機会はないかもしれませんが、企業や日本にいる海外の方などの多く海外送金を利用する方の間では仮想通貨を使うことが主流になっているようです。

ですが、現状だと税金や不正送金の問題が発生する可能性があります。

ただそこでリップル(XRP)がブリッジ通貨として使用されることで、着金遅延よる為替リスクなども避けることができたり瞬時に国際的に銀行間での送金が可能になります。

SBIホールディングスもリップル(XRP)を使用した国際送金サービスの開発に力を入れているみたいで近い将来、国際送金はより身近なものになります。

また手数料もリップルをブリッジ通貨にすることで安くすることが可能になります。

大きな機関が関わっている

リップル(XRP)が注目されている理由の1つに世界的に有名な銀行や日本で主要な銀行が関わっていることが挙げられます。

提携している銀行は日本だとSBIホールディングスをはじめMUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)、みずほフィナンシャルグループがあります。

海外では中央銀行(国の銀行)と提携もしています。

陰謀論が好きな人ならわかるかもしれませんが、ロックフェラーやロスチャイルドが関わっているなんて話を出ていたりします。

これは世界的な動きがある可能性が非常に高いといえます。

今後の見通しについて

一番気になることが今後、XRP(リップル)の価格が上がっていくのか?ということです。

これだけ大きなお金が動いているということは可能性が高いのではないかと考えている人がいると思いますが、残念なことに1つだけ懸念点があります。

リップル社が市場でXRPを売っている

残念なことに50%を保有していリップル社が市場で資金繰りのためか、XRPを売ってしまっていることが公式発表から理解することができます。

実際にこちらがリップル社がXRPを売った履歴になります。

こちらは2019年のものですが、最新情報に関してはRippleの公式サイトで確認することが可能です。

Rippleの公式サイトはこちら

https://www.ripple.com/

2018年のXRP売却履歴を見ると市場の出来高に対して多くの割合を売却していることが確認できるため価格が上がったときに売られています。

Twitterなどでは投資家たちからは非難の声も上がっています。

与沢翼氏が1.35億円をXRPに投資して成功

日本のTwitterでは、非常に話題になったことですが、ネットビジネスで有名な与沢翼氏も会社のマネーショートに復活の報告と共にXRPを1.35億円分を21.8円で購入していることを動画にして資産が30億増えたことを報告していました。

この動画を見てからXRPに注目し始めた人もいるのではないでしょうか?

実際にこの件のせいか与沢翼氏がWAVESという仮想通貨を購入した際に海外でも「日本人のビリオネアが仮想通貨を大量に買った」とニュースになりイナゴライダーが増えてWAVESの価格がつり上がったことがありました。

XRPに対する私の考え

XRP(リップル)に対するトレーダーとしての私の考えをまとめておきます。

今後、期待できるのかについてですが、仮想通貨・暗号通貨として期待は大いにできると思っておりますが、投資対象かどうかは別の話になります。

中央集権的にリップル社の売り圧に怯えながら気まぐれに暴落する通貨をトレードをするのは非常に危険であると判断しております。

為替でいうところのトルコリラに近いような暴落や暴騰を繰り返していますので、BTCをトレードをすることをオススメします、、、

ただ仮想通貨の可能性としては十分に秘めていますので、奨学で長期保有しておくのは面白いかもしれません。

あまり陰謀論的な話に乗りすぎて投資をしてしまうと悲惨な末路になる可能性が高いです。

一時期は300円〜400円の間で推移していましたが、そこから30円まで戻ったりもしていますので注意が必要です。

現状、30円付近がサポートラインになりつつあるので底買いはオススメです。

あくまで私の個人の意見を踏まえた記事になっていますので投資は自己責任でやりましょう。

それでは、、、、


この記事を書いている人について


名前:ゆい
年齢:26歳
性別:男

無料のFXトレード意見交換コミュニティを運営しています。
もしよろしければご参加ください。
 
↓ ↓ ↓

無料コミュニティへの参加はこちら

おすすめFX証券会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です